組織と概要

ウイスキー文化研究所の組織と概要

ウイスキー文化研究所(旧スコッチ文化研究所)は、ウイスキー評論家の土屋守が代表を務める会員制の愛好家団体です。その対象はスコッチウイスキーにとどまらず、広く世界のウイスキーとその文化を学ぶため、日々研究、情報の収集、そして発信を行っています。2001年3月の発足以来、国内外のウイスキー、酒文化全般をより深く知るため、研究範囲と活動を拡げ、そこに関わる多くの人々と様々な取り組みを企画・立案、実施してきました。と同時に、愛好家や飲み手の育成、ウイスキー文化の普及にも努めています。スコッチやその他のウイスキーに興味のある方、あるいは当研究所が主宰する ウイスキーコニサー資格認定試験ウイスキー検定 に興味のある方なら、どなたでも会員になれます。

組織名称変更のお知らせ
2016年3月2日より組織名称をスコッチ文化研究所から「ウイスキー文化研究所」へと変更いたしました。
今後はスコッチという名称にとらわれることなく、世界のあらゆるウイスキーについてより多くの情報をお届けし、皆様に楽しんでいただける活動を目指していく所存です。なお、所在地、連絡先(電話・FAX・メール)、口座番号等に変更はございません。

入会案内はこちら

※再入会制度もございます※
会員の更新期限が切れてしまった方でも、簡単なお手続きで再入会(更新継続)できます。
また、再入会の場合は新たに入会金はいただきません。
再入会に関するお問合せはウイスキー文化研究所までお気軽にご連絡ください。


代表 土屋 守 (作家・ジャーナリスト・ウイスキー評論家)
特別顧問 藤原 新也 (作家・写真家)
技術顧問 早川健(元キリンビール チーフブレンダー)
顧問 渋谷 寛 (弁護士・司法書士)
顧問 中居 靖行 (ミニチュアコレクター)
顧問 牧 貴子 (会社役員)

会員 4400名 (2014年12月現在)
支部 全国18ヵ所 (2014年12月現在) 支部についてはこちら
 群馬/横浜/浜松/信州/札幌/宮崎高鍋/名古屋/宮古/鹿島/北上/富山県
 苫小牧/福岡/鹿児島/シングルモルト普及委員会(WEB)/静岡/石川金沢/新京都

設立目的

スコッチをはじめとして、世界のあらゆるウイスキーに関する情報の収集とその発信
ウイスキー専門誌『ウイスキーガロア』の発行(年6回)
蒸留所・ブランドのデータベースの作成
スコッチおよびスコットランド文化の研究
ウイスキーの啓蒙活動 : 愛好家・飲み手の育成
国内蒸留所・スコットランド蒸留所およびスコットランド、アイランドツアーの企画
ウイスキーの資格認定制度 「ウイスキーコニサー資格認定」の実施

主な活動内容

1)専門誌発行
・ウイスキーの最新情報満載の専門誌「ウイスキーガロア」(A4判・カラー・44頁前後)を年6回、隔月でお届けします。

2)イベント・ツアーの企画・運営
・「ウイスキーフェスティバル」の企画・運営
・各種ウイスキー関連のイベント企画・運営
・蒸留所ツアー企画
 国内:土屋守と行く蒸留所巡りの旅
 海外:土屋守と行く海外の蒸留所巡り(スコットランド、アイルランド、アメリカなど年1~2回程度)

3)各種ウイスキー試験の実施・監修
ウイスキー検定の企画・監修・PR
ウイスキーコニサー資格認定試験の実施

4)ウイスキー関連セミナーの開催
・ウイスキー検定対策講座
・ウイスキーコニサー資格認定試験 集中対策講座
・出張セミナー
・各種テイスティング会

5)出版・編集・オリジナル商品開発
・オリジナル書籍の編集・出版、スコッチの文献翻訳など
・ウイスキーコニサー資格認定試験のためのテキストや問題集の出版
・ウイスキー検定のためのテキストや問題集の出版
・スコ文研オリジナルグッズ・ボトルの企画・開発・販売

6)ウイスキースクールの創設

 


Powered by WordPress | Designed by: suv | Thanks to toyota suv, infiniti suv and lexus suv