HOME > 講師紹介 > 小田 健吾

小田 健吾

ウイスキープロフェッショナル
小田健吾
KENGO ODA


関東、八戸
ウイスキーセミナー講師認定番号:WLP17008

2013年度 ザ・グレンリベット・ブランド・アンバサダー
2016年10月に「TOKYO Whisky Library」に入店。
1000種の世界のウイスキーが並ぶ日本トップクラスの品揃えを誇る大人が集う大型のバー&ラウンジ。

私達が創りたいのは、その有限の中に訪れたゲストに「セレンディピティ」が生まれる場所。
時をかけながら円熟していく琥珀色のウィスキーの様に
この街で人のふれあいを艶やかに、豊かにする大人のバーを
しっかりと育んでまいります。

小田様が勤務されている「TOKYO Whisky Library」の公式サイトはこちらから

    【初心者大歓迎‼第12回 TWL ウィスキーセミナー】

    『シーバスリーガルを作ってみよう!満足度100%!
    原酒5種類の飲み比べ&マイブレンド体験「シーバスリーガルウイスキーラボ」』

    TOKYO Whisky Library × Whisktail.tokyo

    日時 11月11日(日) 13:00~15:00
    場所 TOKYO Whisky Library
    会費 3,850円 (税込サ込)
    定員 30名

    詳しくは下記のご予約要項をご覧ください。

    今回は世界初のラグジュアリーウイスキーとも言われる「シーバスリーガル」を一からブレンディングできるという通常では味わう事の出来ない経験を皆様にお届け出来る事となりました!

    企画の名は「ザ・シーバスリーガルウイスキーラボ」
    モルトウイスキーとグレーンウイスキー、異なる2つの原酒を混ぜ合わせることをウイスキー業界では「ブレンディング」と呼んでいます。異なるもの同士を混ぜ合わせ個性を引き出すことで、より魅力的なウイスキーに仕立て上げるために必要なこの作業を行う人間は「ブレンダー」と呼ばれ、ウイスキー作りにおいては中核を担う存在となります。今回の「ザ・シーバスリーガルウイスキーラボ」はこのブレンダーの仕事を体験するまたとない機会となるのです!

    用意されるウイスキーはシーバスリーガルのハート(心臓)と言われる「ストラスアイラ」を中心とする5つの原酒。
    「ハイランド」「ローランド」「アイラ島」、そして「グレーン」。

    残念ながら「ストラスアイラ」以外の銘柄は非公開となっていますが、シーバスリーガルだけでなく、シーバスリーガルに使われている、ストラスアイラをはじめとする原酒5種類のウイスキーも飲めてしまう、非常にお得な企画です。
    ウイスキーファンのみならず、ウイスキー初心者も楽しめるこの企画!
    ぜひ、奮ってお申込ください!

    コンテンツ
    ① シーバスリーガルの紹介/ブランドの歴史
    ② シーバスリーガルとシーバスリーガルのブレンドに使われる原酒5種類(飲み比べ)
    ③ 自分だけのオリジナルブレンド。マイ・シーバスリーガルを作ろう
    ※セミナーコンテンツは変わる場合もございます。

    電話でのお問い合わせはこちらまで
    03-6434-1163

    Facebook messengerでも受付可能♪

    担当 小田

    *************
    【予約要項】必ず一読ください。
    ※FACEBOOKのページで参加ボタンを押しても予約完了となりません。
    ご了承ください。
    ※店舗へのお電話でのご予約も可能です。
    ※FBでのメールの場合は「担当小田」まで
    ①ご予約者氏名
    ②ご予約者電話番号
    ③複数人でご参加の場合は同行者氏名
    を伝えください。
    当店からの返信があった時点でご予約が完了となります。
    既に満席の場合は予約を承れないことが御座いますのでご了承ください。
    ※セミナーの内容は予告なく変更がある場合があります。
    *************

    ◎小田健吾 TOKYO Whisky Library ヘッドバーテンダー
    ・2013年度 ザ・グレンリベット ベストブランドアンバサダー
    ・ウイスキープロフェッショナル、テキーラマエストロ、ワインソムリエ取得。
    2016年度 シーバスリーガルミズナラ カクテルコンペティション ファイナリスト
    2016年度 スペイン人の妻と共に、バーテンダー初の「新婚さんいらっしゃい」出演を果たした異色の国際派バーテンダー。

    電話でのお問い合わせはこちらまで
    03-6434-1163
    担当 小田

Pagetop