galorelogo

「ウイスキーガロア」は日本で唯一のウイスキー専門誌です。

編集方針は徹底した「現場主義」

どこよりも早く、どこよりも豊富なビジュアルを駆使し、ウイスキー造りの現場で今何が起こっているのかを伝えます。

隔月(奇数月)12日発売 / 1,200円(税別) / 128~136ページオールカラー / A4変形

fb tw

■ ウイスキーガロアとは? ■
ガロア(Galore)とは、「たくさんある」という意味のゲール語の形容詞で、ウイスキーガロアで「ウイスキーがいっぱい」といった意味。また、イギリスの作家、コンプトン・マッケンジーの小説のタイトルでもあり、映画にもなっています。第二次世界大戦中の1941年、約24万本のウイスキーを積んだイギリスの貨物船が、スコットランド沖のエリスケイ島で座礁した史実がもとになっており、積荷を取り戻そうとする船会社と、何とかウイスキーを隠そうとする島民のドタバタぶりが描かれています。本誌でもそんな“ウイスキーがいっぱい”を楽しくお届けします。

| 最新号

2020年12月号[vol.23]

[巻頭特集]
スペイサイドの物語を紐解く
►密造の歴史から始まったスコッチウイスキーの”聖地”
►33蒸留所を写真とともに一挙紹介
►スペイサイド蒸留所リスト全56ヵ所
[特集]
ジャパニーズウイスキーの定義を考える
►座談会
►TWSCにおける定義
[リポート]
第11回ウイスキー検定を振り返って
[人気連載]
The Tasting 話題の27本

ウイスキー文化研究所オンラインショップ amazon 楽天ブックス
セブンネット hontoネットストア ヨドバシドットコム
HonyaClub HMV&BOOKS online

▶ back number

▶ お詫びと訂正

【ウイスキーガロアvol.23(2020年12月号)に関するお詫びと訂正】
ウイスキーガロアvol.23に一部誤りがありました。下記のとおり訂正いたしますとともに、関係者の皆様、読者の皆様に謹んでお詫び申し上げます。
■112ページ「THE TASTING」T&T TOYAMAの「ザ・ニンフ」に関する説明で、下野孔明氏の読み仮名は正しくは「ただあき」氏です。訂正のうえお詫び申し上げます。

 

| 定期購読

毎号ご指定の場所までお届けします(年間契約) 

 

ウイスキー文化研究所オンラインショップで毎号個別にご購入される場合
※(定価1,320円(税込)+送料500円)×6回=10,920円(税込)のところ

7,640円(送料無料・税込)

※ウイスキー文化研究所会員様へは会報誌として毎号お届けします。ご入会の詳細はこちら

【送付先変更について】
・配送にはヤマト運輸のクロネコDM便を利用しております。送付先の変更があった場合には、必ず【偶数月の月末】までに弊社お問い合せフォームよりご連絡ください。
・上記期日までに住所変更のご連絡をされていない事が原因の会報誌の未着につきましては、再送の対応は出来かねますので、ご了承ください。

★年間契約特典  

 

撮り下ろし写真の特製クリアファイルを3枚セットでプレゼント!
ウイスキー愛をアピール♪

| THE CAIRDEAS(ザ・カーチェス)

ゲール語で”友情”を意味し、『ウイスキーガロア』を応援してくださる料飲店・バー・酒販店様などの総称です。ウイスキー愛好家が集うお店ばかりですので、お近くのお店やご旅行に行かれた際などは、ぜひ足をお運びください。

▶ THE CAIRDEASについての詳細・お申込みはこちら

 

 

Pagetop